What's New-東日本ブロック

お知らせ

大会出発前! もう一度、大会冊子をご確認ください。

 大会に参加するには、準備がたくさんあります。野球用具・宿・弁当・バス・チーム間連絡・湯茶の用意などなど、多くの関係者が大会参加のために動いています。 そこでもう一度、大会冊子に目を通しましょう!

 各チームしっかりと準備していますが、「昨年は、交通渋滞に巻き込まれ試合会場に遅刻して不戦敗」ということがありました。そして「今年は審査証不携帯」が起こりました。審査証の場合は、「選手手帳」でも審査が可能ですが、両方持ってない状態で、会場責任者も苦渋の決断でした。資格審査は、ボーイズリーグの登録選手の確認と同時に、スポーツ保険への加入、指定業者の用品・用具なのかという確認と安全確保のために行っています。役員の制服・袖の指定マーク・背番号・ユニフォーム・同じスパイクなどを含め、出発前に再確認をお願いいたします。

もう一度、大会冊子4・5ページをご確認ください。

③ 資格審査に当たっては、大会本部にて選手登録名簿とオーダー表を照合の上、資格審査証と選手本人の照合をする。なお、審査証は当年度発行のものとする。

④ オーダー表記入選手25名以内および登録された監督、コーチ、マネージャーのみベンチに入ることが出来る。但し、各種登録証(監督、コーチ)および審査証(選手)を携帯していない場合は、いかなる場合でもベンチには入れないが、監督、コーチは、試合開始までに間にあった場合は、審査のうえベンチ入りできる。また、選手は試合終了までに間にあった場合は、その時点でベンチ入りを認める。

⑦ 監督(背番号60)、コーチ(背番号50)は選手と同じユニフォームを着用すること。なお、パンツはレギュラーパンツとし、ストッキングが見えるように折り返す。(ロングパンツは禁止)また、頭髪はボーイズリーグの指導者に相応しい形とする。(極度のロングヘアーや染髪は禁上)

⑧ 試合開始時間60分前に試合場に到着し、直ちにオーダー表5部を大会本部審判部に提出し、所定の審査を受けなければならない。

⑩ 試合開始までにチームがグラウンドに現れないときには、球場責任者と責任審判員が協議して没収試合を宣言することができる。

                   (一部 抜粋)

 

Copyright(C) ボーイズリーグ東日本ブロック・公益財団法人日本少年野球連盟

ページの先頭へ戻る